特定非営利活動法人トイボックス TOYBOX

特定非営利活動法人トイボックス TOYBOX | チャリティモバイル実施中

  1. ホーム
  2. トイボックスについて
  3. ビジョン

トイボックスの想い

「自分らしさ」を、生きる力へ。

  • 「自分らしさ」を、生きる力へ。
  • 「自分らしさ」を、生きる力へ。
  • 「自分らしさ」を、生きる力へ。

こども達は未来であり、かけがえのない可能性です。
しかし、現実には、たくさんのこども達が、自らが望まず置かれた状況と向き合い、戦っています。
学校や家庭で。障がいをもちながら。そして、福島で。
彼らは、ときには迷い、ときには傷つきながらも、自分自身と向き合い、自分らしく社会の中で生きようとし、周りをハッピーにしようとしています。
そんなパワーを秘めたこども達一人ひとりが「自分らしさ」に気づき、生きる力を育んで笑顔になる。
そのサポートをするのがトイボックスです。

「こうなりたい」「こんなことをやってみたい」
 
そう願うこども達や家族や地域のみなさんにとって、いつでも役立てる存在で居続けること。
ひとりでは実現できないアイデアや解決できない悩みを、共に考えることで乗り越え続けていくこと。

トイボックスの「学び」や「エンターテイメントでの自己表現」「まちづくり」の活動には ゴール地点といえる区切りがありません。
一度関わった人たちとはずっと関わり続ける。
それが、私たちのこだわりです。

いつでも、自分らしく生きようとしているこども達のとなりに。

トイボックスが目指していること

こども達と親が元気でいられる社会を作ること。それが私たちの目標です。
私たちは、今目の前にいるこども達をサポートするとともに、こども達がもっといきいきと暮らせる社会の実現に向けて活動しています。
大阪府池田市や福島県南相馬市では、発達障がいのあるこども達に対し、生きる力を身につける施設を運営しています。
今の学校の枠に入りきれない多くのこども達がそこで学び、元気に育っています。
こういった活動を通じて社会に理解を広げ、社会の理解のもとシステムとしてこども達の居場所がしっかりと確保され、そこでこども達が育ち、生きる力を身につけ、就労や社会の一員としての貢献ができるようになること。
それが私たちが目指しているこども達と親が元気でいられる社会です。

トイボックスが取り組む各事業では、具体的な「次の目標」を持っています。
池田や福島の施設をもっと公的位置づけの強い恒久的なものにし、より多くのこども達を受け入れられるようにすること。
文化芸術にふれる機会や就労環境の整ったこども達の未来につながるまちづくりのモデルケースを自治体と連携し実現すること。

さまざまな分野のプロフェッショナルが、こども達とずっと関わり続け、一人ひとりのなかにある才能に自ら気づく力を育み、生きる力へとつなげ続けます。
これからも、「こども達と親を元気にするプロフェッショナルチーム」として、これらの目標の実現に向かって活動していきます。

    
ページの先頭へ