特定非営利活動法人トイボックス TOYBOX

特定非営利活動法人トイボックス TOYBOX | チャリティモバイル実施中

  • チャリティモバイル
  • 笑顔を創るがっこう、スマイルファクトリー。
  • マチとヒトとユメを創るお手伝い、キャンプロジェクト。
  • 「人生」が輝く瞬間をつくる リアルスポーツ。
  • 一歩ずつ、ずっと未来へ 東北復興支援。
  • あらゆるこども達のあらゆる未来に。
Next

トイボックスとは?

こども達と親を元気にする、プロフェッショナル集団です。

2003年の春、不登校のこども達の支援をしていた白井智子とダウン症のこども達の支援をしていた牧野アンナを中心に、トイボックスはつくられました。
専門も、活動する地域も異なるふたりでしたが、こども達に係る活動への思いが重なりました。
以来、マネジメント、教育、舞台演出、政策立案、ダンス、臨床心理、ファシリテーションなど、さまざまな分野の専門家が集まり、教育・エンターテイメントからまちづくりやソーシャルクリエーションまで、NPOとしてはあまりみられない、多くの活動領域を持つNPOとしてトイボックスは活動をしてきました。
こども達と親が元気でいられる社会を作る。
その共通の思いのもとに集まったメンバーが、地域の行政や多くの市民、NPOと連携して夢の実現に向かい、それぞれの専門性をいかした、たくさんの手法で活動しています。

詳しくはこちら

主な活動のご紹介

ご支援のお願い

一度はじめたこども達へのサービスは、「大人の事情」で中断してはいけない。
それが、ソーシャルサービスを行うものの絶対の義務だという思いを、トイボックスのメンバーは創業時から持ち続けています。
こども達をサポートする。こども達をずっと応援し続ける。
そのためには、みなさまのご支援が不可欠です。
いっしょにこども達の未来づくりを応援してください。

詳しくはこちら

「自分らしさ」を、生きる力にするために。私達をご支援ください。
  • ソフトバンクスマホの方の募金はこちら
  • ソフトバンクスマホ以外の方の募金はこちら

福島のこども達のためにご支援ください

フクシマで、生きていく。

東日本大震災による被害と、発達障がいという2つの困難に見まわれているこども達の現状をお伝えし、どのような支援を行っているのか、そして今何が必要かを皆さまに知って頂きたい想いから、特設WEBサイトを制作しました。
『フクシマで、生きていく。』こども達のために、皆さまからのご支援を宜しくお願いいたします。
※スマートフォンからでも簡単にご支援頂けます。

ソフトバンクさんの「子ども未来応援プロジェクト」特設ページ内で、
トイボックスの活動を紹介いただきました。

以前からご支援いただいている、ソフトバンクさんの「子ども未来応援プロジェクト」特設ページ内でトイボックスを紹介いただきました。

すべての子どもが笑顔で生き生きと過ごせる社会に。

学校や塾、家庭だけの力では適応できず、こぼれ落ちそうになっている子どもたちをこれからも継続的にサポートしていけるように、皆さまのご理解とご支援をよろしくお願いします。

詳しくはこちら
子ども未来応援プロジェクト

ご賛同いただいている皆様

トピックス

ご報告

過去のご報告はこちら

ページの先頭へ